育児日記

保育園の無償化はずるい?不公平に感じる理由と考え方【元保育士が解説】

教育現場17年のろんちゃんママ
教育現場17年のろんちゃんママ
2019年10月にスタートした保育の無償化。
2021年度に娘が幼稚園入園予定の私としては素直に「ありがたい」と思いました。
ですが立場が変われば色々な声も聞こえてきます。
みーこ
みーこ
私の友人も、無償化になるってわかってたらタイミング合わせて子供生みたかった!って言ってました。

保育園の無償化を良く思わない方がいるのも事実です。

この記事では

  • 保育園の無償化をずるいと感じる理由
  • 無償化がずるいと感じた時に考える事
  • 幼稚園も無償化の対象になるのか

を、元保育士の立場から順番に解説していきます。

記事の前半では『保育園の無償化がずるいと感じる理由』、記事の後半では『そんな時の考え方』を説明しています。

この記事を読み終わる頃には、保育園無償化に対して少し前向きに考える事ができるようになります。

 

保育園の無償化をずるいと感じる理由

まず前提として、無償化されたのは3歳クラス以上なので、0.1.2児の保育料については以前同様に所得に応じて定められた金額を支払います。

 

ママA
ママA
うちはたくさん保育料を払ったのに!

無償化スタート以前に3歳児以上のクラスだった方はそれ以下の年齢の子よりもトータルで高い保育料を払うわけですから、ずるいと思うのも無理ないですよね。

既に卒園して3年間フルに保育料を払った方ならなおのことだと思います。

 

ママB
ママB
3歳になったけど、認可外保育園だから無償にならない!

認可保育園を希望しているのに入れなかった方は毎月数万の出費、痛いですよね‥

 

保育士の本音

無償化のために使うお金を保育士の処遇改善に回してくれたら、保育士の人数も増え、保育の質も上がり受け入れられる子どもの数も増え、大量の待機児童を生み出している現在より良いのでは?と思ってしまうのです。

3歳から無償になってホッとしているママさん達ごめんなさい!

でも、無償ではなくてももっと沢山の人にもっと満足のいく保育を提供できたらその方が良いではないかなぁと考えてしまうのです。

 

保育園の無償化はずるい!幼稚園はどうなる?

みーこ
みーこ
うちの娘は幼稚園にしようかなと考えてるんですが、幼稚園でも無償化の対象なのかなぁ?
教育現場17年の ろんちゃんママ
教育現場17年の ろんちゃんママ
安心してください!幼稚園も保育料無償化の対象です!

一律で月の保育料25700円までが補助されます。

実際に支払うのは保育料がそれ以上の場合の差額と給食費や教材費といった諸経費です。

預かり保育に関しても、共働きであれば補助が出て殆どがフォローされます(※金額は市町村や園によって多少差があります)

 

みーこ
みーこ
私は幼稚園に預けてる間も働きたいと考えているんですが、可能でしょうか?
教育現場17年の ろんちゃんママ
教育現場17年の ろんちゃんママ
はい!幼稚園に預けながらのお仕事も可能です!

最近は多くの幼稚園は預かり保育を実施していて、7:30から18:30まで預かる園がとても多くなっています。

フルタイムでお仕事をしているお母さんも沢山います。

保育園に比べれば預けられる時間は短いですし、行事が多い場合もあるので融通が効きにくいお仕事の場合は調整が大変かもしれませんが、広い園庭があり教育内容も充実している幼稚園に預けるメリットは充分にあると思います。

 

保育園の無償化はずるい!と感じた時に考える事

教育現場17年の ろんちゃんママ
教育現場17年の ろんちゃんママ
ずるいと感じてしまうことって、保育料の無償化以外でも色々なところでありますよね。
世の中は常に動いているので公平ではない事だらけだと思います。

保育料で言えば、現在も0、1、2歳児さんは所得に応じた保育料を支払いますが、同じ保育を受けるのにかなりの金額の差があるので、保育料の安い人を「ずるい」と思うのも無理ないと思います。

最近気付いた事ですが、私の娘は3月末の誕生日なのですが、児童手当の給付は年齢ではなくて中学卒業までと決まっています。

なので、4月生まれの子よりも11カ月分(11万円)も頂ける金額が違うんです!

でもほんの数日の差でこの学年になるように産まれてきたことはきっと何かの巡り合わせ!

この学年でなければ出会えなかった人たちと一緒に素敵な人生を歩んでほしいです。

 

保育園の無償化はずるい?:まとめ

  • 無償化にする前に他の対策をしてほしい!
  • 保育園だけでなく幼稚園も無償化の対象!
  • 不公平な事を感じても、受け入れるしかない。

保育料が無償になったのも声を上げてくれた人がいるからで、今はまだ全員に平等な保育を行き渡らせるまでに至っていないけれど、これから子育てをしていくママ達のために私達も声を上げ続けていきたいものですね。

そして我が子達がこれから進む高校や大学の支援制度もどんどん変わろうとしています。
先も見ていきましょう!自分にとって不利な流れも有利な流れもこれから沢山あると思いますが、声を上げられる時には声を上げて、色々な制度も頼りながらも、子ども達の未来が明るいものになるようにママさんパワーを集結して頑張っていきましょうね!

ABOUT ME
ろんちゃんのママ
私立幼稚園に17年間勤め、出産を期に退職。高齢出産で産んだ娘の可愛さに子離れできなくなり、フルタイムでの仕事復帰は断念。パートでの復帰を目指しつつ娘とべったりな日々を送っています。