お金のこと

クレジットカードの審査が通りやすくなる!?元信販会社員が、審査のコツ教えます!

 

ブラックリストではないはずなのに、なぜかクレジットカードやローンの審査が通らない・・って方!申込みの内容に少し工夫するだけで通りやすくなるかも??元クレジットカード会社勤務の私が、審査が通りやすくなるかも?という情報を公開します!※個人的意見なので、確実に通るとは限りません。

 

 

・審査に通らない人とは?

 

クレジットカードの審査に通らない理由は複数あります。

 

・自己破産した事のある人

・債務整理をしてから月日が浅い人

・収入に対して借入額が多い人

・これまで何度も支払いが遅れてる人

 

一般的なイメージだとこの4つを思い浮かべる方が多いかなと思います。確かに間違いではありません。これは、クレジットカードでも車などのローンでも同じです!そして、意外と審査に落ちてしまう人の特徴が・・

 

・信用機関に一切の情報がない人

・世帯状況の家族が多い人

 

クレジットカードやローンの申込みをすると、必ず《CIC》という信用情報機関に個人情報の照会がかかります。そこでこれまでのカードやローン、携帯電話の支払い状況の履歴を確認します。ここで支払い履歴がかなり悪い状況であれば審査には通りにくいでしょう。

 

・審査の基準とは?

 

大前提として審査では、あなたが《支払い能力があるかどうか》という事を審査しています。クレジットカード会社も、支払ってもらえない事には利益になりませんからね・・

 

①いわゆるブラックリスト

過去に《自己破産》をした事がある人、数年以内に《債務整理》をした事がある人、他社のカードやローンで支払いを全くせずに利用停止になっている人、などの事を指します。これらの情報は、CICの信用情報機関に照会をかけるとわかる事なのでほぼ審査は通りません。

自己破産:自己破産をした時から10年ほど経っていた場合は、自己破産の情報は消えませんがもう一度審査が通る可能性が出てきます。

債務整理債務整理をした借金を完済してから7年後、債務整理をしたという情報はなくなるようなので、また審査が通る可能性が出てきます。もしくは、債務整理中であっても債務整理をした会社ではないカード会社だと通る可能性もあります。

利用停止中:ずっと支払い状況が悪く、現在進行系で支払っていない・・となれば難しいです。なぜなら、カードを発行しても支払ってもらえない可能性が高いからです。

 

②これまでの支払い状況

正直、『携帯代を支払うのが遅れている』『カードやローンの支払いが数回遅れた事ある』くらいのレベルであれば、さほど問題ではないです。ただし、携帯の分割くらいしか情報がないのに、毎月携帯が止まっているといった状況であれば審査に落ちる事はありえます。もしくは保証人を付けてと言われるかもしれません。

あとは20代なら情報がないのはありえますが、40代ぐらいで全くの情報がないのは不思議に思われます。『以前に自己破産していて情報が全て消えたのでは?』『本当に存在する人?』など・・そうなると、自己破産情報や会社の情報なども調べる事になります。

 

③支払い可能な収入があるか

クレジットカードであれば、《主婦OK》《学生OK》とあると思います。こちらは本人ではなく世帯主(夫や親)の収入を入力する項目があるので、それを元に審査しています。

収入-生活費-現在の支払い=支払いに使えるお金

といったように計算される事になります。この支払いに使えるお金に対してローンの申込み金額が上回ってくる場合は《支払えるお金がない》と判断されます。

収入:申込時に申告した年収

生活費:申告した収入で、何人の人が生活をしているのかで変わります。一緒に生活をしている人数が多いほど金額が大きくなるので、支払いに使えるお金の部分が少なくなってしまいます。

現在の支払い:CICの情報機関でわかります。現在のクレジットカードやローンの年間の支払い金額になります。

 

 

・申し込む時の注意点

 

では、実際に申込みをする時にどのような事を注意して申し込めばいいのでしょうか?

 

①世帯主・世帯状況

申込みをする時、《世帯主》と《世帯の人数》を入力する箇所があります。

世帯主⇒今住んでいる家の名義人ではなく《主に生計を維持している人》です。つまり、大黒柱が誰なのかという部分です。極端に言えば、一人暮らしをしていてもお金は全て親に出してもらっているのであれば《世帯主は親》という事になります。

意外と世帯主を勘違いして申込み、この収入でどうやって生活しているの?みたいな人がいます。生活費は世帯主が負担しているという判断になるので、《支払いに使えるお金》がその分増えます。単純にそれだけで審査に通る場合があります。

世帯の人数⇒これは《何人一緒に住んでいるか》という事ではなく《世帯主が何人養っているのか》という事になります。例えば本人・奥さん・子供・祖父母の5人で住んでいたとします。祖父母は一緒に住んでいるだけで生活費は別々だった場合、世帯の人数は本人・奥さん・子供の3人という事になります。

こちらも《何人養っているか》によって、生活費の金額が変わります。つまり、世帯の人数が少ないほど支払いに使えるお金が増えます

 

②年収

こちらは手取りの年収を入力する人も少なくないです。社会保険料などを引かれる前の総支給額を入力するのが正しいです。もっと言えば、仕送りなどがある場合は含んで入力してOKです。社会保険料なども生活費の部分に含まれて計算する事になるので、手取り年収を入力すると重複して社会保険料が引かれてるというふうに計算されます。

 

③キャッシング枠

クレジットカードに関しては、《キャッシング枠》を付けるか付けないかを選べます。もしあなたが今、他の会社からキャッシングをしていて限度額がいっぱいなのであれば《キャッシング枠》は申し込まない方がいいです

普通のカードの審査と、キャッシング枠を付ける審査では方法が変わります。キャッシング枠が必要ない人のキャッシング借入状況は調べる必要がないので、キャッシング枠不要にして審査をすると結果が変わるかもしれません

 

もしこの3点が理由で審査が通っていなかったのであれば、気をつけて申込みをしてみたらあっさり通ったなんて事もあり得ます。

 

 

 

 

・必殺の裏ワザ

 

正直オススメできませんが・・

CICの信用情報機関の情報は

 

・氏名漢字、フリガナ

・生年月日

・住所

・電話番号

・運転免許証番号

 

この5点で申込者本人であるかの確認をします。

 

つまり、確実に本人であるという確認が取れなかった場合は《似ている情報だけど他人》と判断され、全く新しい情報として登録されます。これまでの支払い状況とはおさらばして、全く新しい自分になるといった感じです。

 

氏名フリガナは運転免許証や保険証では確認が取れないので、正直ごまかす事はできるかもしれません。住所と電話番号を新しくし、申し込むと運が良ければ他人と判断されるかもしれません。

運転免許証番号は変わる事はないので、必ず一致と判断されます。一度審査の時に使ってしまっているのであれば《免許証は持っていない》と伝え、その他の身分証を提示して申込みをすると《必ず一致》とは判断されにくくなります。

 

一度審査の申込みをすると半年は申込み履歴が残ります。なので、本気で全く新しい自分のフリをするのであれば、前の申込みから半年以上開けて住所と電話番号と身分証を変更して申込みをすれば通る可能性はあるという事ですね。

 

 

★ まとめ ★

 

・入力する情報に気をつける

・キャッシングをたくさんしている人は、《キャッシング枠不要》でショッピング枠のみで審査してみる

・申込み履歴は半年残るので、短期間にたくさん申込みは避ける!

 

いかがでしたか?審査の基準を理解して、もう一度申込みをしてみればクレジットカードの審査も通るかもしれません。カードを持ちたいのに審査に通らない・・といった方は、ぜひ参考にして申込みをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ABOUT ME
みーこ@鬼嫁
みーこ@鬼嫁
2019年6月に第一子を出産した大阪出身ワーママです♪会社勤めでしたが、妊娠をきっかけに在宅勤務にしてもらい、育休を取らずにフルタイム勤務しています(^^)/大好きな娘と幸せになるために、クズな旦那を育成中★