ビール券の使い方!お酒を以外にも使えるって知ってた?

こんにちは!オカンです!

贈り物でたまに貰うビール券。これまで酒飲みだった私は、迷う事なく全てお酒に使っていました(笑)が、妊娠してからはお酒を飲んでないのでビール券貰っても使い道ないなぁ・・親にでもあげようか、売ろうか、と考えていました。

そこで、なんとお酒以外にも使える事を初めて知りました!

今回はその情報を共有したいと思います★

 

 

・ビール券とは?

 

このような《ビール共通券》という券の事です。

 

・大瓶2本分の引換券(784円分)

・缶2本券の引換券(494円分)

 

があります!

そして、基本的にお酒を扱っているお店であれば使える事がほとんどです!コンビニでも利用できるようです。

 

 

・ビール券の使い方

 

①利用できるお店でお酒と引換える

これはビールだけではなく、大瓶2本の券であれば784円分、缶2本分の券であれば494円分のお酒と引換える事ができます。

なので、実際には本数も種類も関係ありません!それぞれの金額をオーバーすればその分の差額を払う形になります。金額が下回った場合は、基本的には返金はないと思っていてください。(ごくまれに、差額分を現金で返金してくれるところもあるそうです。)

 

②売ってしまって換金する

ビール券は、他の商品券などと比べて換金率が非常にいいです!

 

・大瓶2本分の引換券(784円)

換金すると650~770円ほど

・缶2本分の引換券(494円)

換金すると380~460円ほど

 

どうしても使い道がないという場合は換金でもいいかもしれません。とはいえ、ビール券は発行から有効期限まで7年くらいあったりかなり長いです!お客様が来る時のお酒を購入や、お祝いのボトルのお酒を購入する際にも使えるので、期限切れさえ気をつければ持っていてもいいかもしれません^^

 

と、この2つの使いみちが一般的ですが、今回はもうひとつの使いみちを紹介したいと思います★

 

・お酒を買わない使い方

 

実際に私がビール券を貰い、お酒は必要ないし・・と思いお店の人にも確認して使った方法です★

 

それが、《やまや》で金券として利用

です!!お酒のやまやさんでは、お酒を一切購入しなくてもそれぞれのビール券の購入金額分のお買い物ができます★

 

やまやでは、お酒以外にも調味料・インスタント食品・ジュース・お菓子・冷凍食品・チーズ類など様々な商品があります。1回に利用するビール券の制限もありません!ただし、おつりは出ないです。

おまめ家では、調味料と冷凍食品を中心にビール券で購入できたので、かなり家計が助かりました!普段から必要なものを購入できたので、換金してしまうよりもお得に利用できました♪

 

その他、やまや以外でも《東横イン》の宿泊代などにも使えるそうです。我が家では利用する事はなかったため、確実な情報ではありません。利用した方は一度問い合わせてみた方が安心かもしれません。

 

自分の持っているビール券が、何円分利用できるのかわからなくなった場合は、ビール券の左下「K-7-494」などの記載があるので最後の数字494が利用できる金額になります。784円の場合も同様の記載があるので確認してみてください!

 

 

★ まとめ ★

 

・ビール券はお酒を買わずに利用できる!

・ビール券は換金率も高い!

 

《お酒と一緒に他の商品も購入できる》といった情報はたくさんありましたが、お酒を一切買わずに利用できる方法はあまりなかったので共有させてもらいました!

調味料やお菓子や冷凍食品などが買えるとなると、主婦からすればありがたいですよね!お酒飲めないのに今貰ってもなぁ・・と思っていましたが、今となってはどんどん欲しい券です(笑)

 

他の酒屋さんでも同様の使い方ができる可能性もあるので、お近くの酒屋さんに行って確認してみるのもいいと思います!換金するとどうしても少し価値が下がってしまうので、できれば等価で使えた方がお得ですよね♪

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました★