病気やケガで仕事を休むとお金が貰える手当って知ってる?

 

こんにちは!おまめブログのオカンです★

インフルエンザやケガで何日も仕事を休む事になった・・・誰にでもありえる事ですよね。でも有給も足りない!お給料が減ってしまう!と心配で、ゆっくり休む事もできなくなってしまいますよね。

そんな時、申請すればお金が貰える制度があります!働けなくなって収入が減ってしまう時の、生活保障を行ってくれる制度です。

それが《傷病手当金

今回は、傷病手当金についてお話していきたいと思います★

 

 

・傷病手当金ってなに?

 

傷病手当金とは、病気やケガなどで連続して仕事を3日以上休まなければいけなくなった時4日目以降から生活保障としてお金が貰える制度です!

これは正社員、アルバイト、派遣社員などの雇用形態に関係なく利用できる制度なので万が一の為に覚えておくと損しないで済みますよ★

 

 

・傷病手当金を貰う条件

 

社会保険に加入している

これは国民健康保険(会社の保険でないもの)に加入している場合は、対象外になってしまいます!会社の健康保険に加入していれば、アルバイトであっても派遣社員であっても関係なく利用できます

ただし、社会保険に加入している本人に限ります。扶養家族でアルバイトをしている等で休まなければいけなくなった場合には利用できません。

 

3日連続して仕事を休む

例えば2日休んで1日出社して、また休むという事になった場合は対象になりません。3日間連続で休む事が条件になります!この3日間は《待機期間》と呼ばれ、この待機期間が終了して始めて対象になります。

給料が発生していない事

待機期間終了後、4日目以降は傷病手当金の《受給期間》になります。この受給期間にお給料が発生していた場合、その日は対象外になります。ただし、《待機期間》の3日間に関しては有給休暇を使用しても何も問題はありません!受給期間はお給料が受け取れない代わりにお金が貰える事になるので、有給休暇した場合はお金は貰えない事になります。

 

条件は、たったこれだけです!

社会保険に1年加入している事が条件などはないので、有給休暇が発生する入社半年より前に連続して休まないといけなくなった場合、ぜひ使いたい制度ですね!

 

※仕事中や通勤中のケガなどは《労災》の方の手当の対象になるので、その場合は傷病手当金の対象外になります!

 

・お金はいくら貰えるの?

 

気になる傷病手当金の貰える金額ですが、

直近12ヶ月のお給料÷12ヶ月÷30日✕3分の2

つまり、直近の12ヶ月のお給料の1ヶ月あたりの平均額を30日で割った金額の3分の2の金額が1日あたりの手当として貰えます!

例えば12ヶ月の平均月給が20万円だった場合・・1日あたり6,666円、これの3分の2は4,444円なので、1日あたりの手当は4,444円という事になります。

 

もし有給が残っている場合は、有給を使う方が金額的にはたくさん貰えるという事になりますね。有給休暇か傷病手当金のどちらを利用するかは、個々の判断になりますが・・

 

 

・お金を貰う方法

 

肝心なお金を貰う方法ですが、申請しないと貰えません。何もしなくても長期休業になると自動で貰えるものでないので、まず4日以上仕事を休む事が確定したら早めに《総務》など管理している部署に連絡しましょう。申請書を送って貰っておくとスムーズです。

 

申請書には

・自分で記入する欄

・お医者さんに記入してもらう欄

・会社に書いてもらう欄

があるので、全て書いてもらった状態で提出しましょう!提出が遅れてしまうと、その分お金が貰える日も先延ばしになってしまうのでできるだけ早めに提出しましょう!

それぞれ最後にお休みした日以降に書いてもらう事になるので、復帰してからお医者さんと会社にお願いして書いて貰いましょう!働くことができない状況にあったという証明をしてもらうという事ですね。

 

ちなみに受給期間から2年で権利は消滅してしまうようです。2年も放置していたら忘れてしまってそうですが・・もし2年以内に思い当たるお休みがあった場合、今からでも申請できるという事です!無駄にしないようにしましょう!

 

 

・お金はいつ頃貰えるの?

 

申請書を提出してから約2~3週間後とされています。ちょうどお給料をまかなえるようになってるんですね!

申請書提出後、《支給決定通知書》というものが届けば無事に手続きは完了し、届いてしばらくしたらお金が振り込まれます。もし《不支給決定通知書》が届いた場合は、支給対象と認められなかった事になります。しっかりと手続きをふんでいれば受理されると思いますが・・

 

 

 

★ まとめ ★

 

・3日以上連続して休む場合はお金が貰える!

・平均日給の3分の2の保障をしてもらえる!

・休み明けにはすぐ申請!

 

インフルエンザやケガで何日も休む事になってしまったら正社員であれば《欠勤》扱いで手当が減ったり、時給であれば単純にお給料が減ってしまったり・・・そんな時に利用できる制度をご紹介しました!

私も派遣社員の時に2週間休む病気にかかり、お金がない!!となりすぐに調べて申請しました!お給料よりは少ないですが、有給も足りなかった私にはとても助かった制度でした。

お金を取られる事は強制なのに、私たち労働者に有益な情報は教えて貰えないものです・・毎月高い社会保険料を支払っているので、利用できる制度はどんどん利用していきましょう!